Uncategorized

トヨタTjクルーザーの最新情報!発売時期は?予約はできる?(2020年2月現在)

2017年の東京モーターショーでトヨタのコンセプトカーとして発表されたTjクルーザーは、人気の高いSUVで有りながらスライドドアを装備する等、従来のSUVのスタイルとは一線を画した斬新なスタイルで注目を集めました。そんなトヨタTjクルーザーがいよいよ私達の目の前に登場するか注目を集めております。そこで、トヨタTjクルーザーがどの様な車なのか、気になるその中身を調べて見ましょう。

【トヨタTjクルーザーの発売時期と予約について】
2017年に発表されたトヨタTjクルーザーは、2020年5月に発売開始されると予想されており、トヨタ車やSUVファンの注目を集めております。又、気になる発売価格は公式に発表されておりませんが、車格や排気量、更に搭載されると予想される装備等を考えると300万円を超える価格帯で有る事が予想されます。更に、先行予約等受付をいつから開始する等の情報も発表されていない為、気になる方は日頃から公式ページの確認や、トヨタ車の販売店等から情報を集める必要が有ります。

【トヨタTjクルーザーのグレードや燃費等の経済性】
2017年の東京モーターショーで発表され2020年5月に発売が開始されると言われるトヨタTjクルーザーは、その詳細なモデル車種やグレードの種類、燃費等の経済性についての情報が不明と言えます。そんなトヨタTjクルーザーについて現時点で判っている事としては、エンジンは2.0Lクラスエンジンにハイブリッドを組み合わせたトヨタが得意のパワートレインを採用している事、2.0Lエンジンとハイブリッドの組み合わせにより、最高出力はハイブリッド車としては高め目の160馬力程のパワーを持っている事、更に、SUV車のカテゴリーに区分される事から、前輪駆動車と4輪駆動車の双方が用意されている事等を挙げる事が出来ます。又、2.0Lエンジンとハイブリットの組み合わせによる燃費は、1.8Lハイブリッドを搭載しているカローラシリーズの35km/Lよりは下回ると考えますが、RAV4の2.5Lハイブリッドの25km/Lとほぼ同程度の燃費になる事が考えられます。RAV4よりもエンジン排気量が小さいTjクルーザーですが、車格がやや大きい事が燃費の面でやや不利になる事が考えられます。

【トヨタTjクルーザーの機能や居住性】
2020年5月の発売開始が予想されているトヨタTjクルーザーのは、全長4,300mmx全幅1,775mmx全高1,620mm、ホイールベースは2,750mmと言われております。この車格はトヨタを代表するSUVのハリアーよりも一回り小さい作りになっております。その為、見た目は角ばったゴッツいデザインのTjクルーザーの取り回しは、ハリアーや他のミニバン等に比べ良い事が考えられ、街乗りや買物等でも扱い易い車に仕上がっている事が考えられます。そんなトヨタTjクルーザーの最大の特徴は、SUV車で有りながら後部座席はスライドドアが導入されている事に有ります。その為、狭い駐車場等でも乗降性が良く、小さな子供がいる家族でも安心して車に乗り降りする事が出来ます。又、角ばったデザインが採用されたTjクルーザーの乗車人員は4名と発表されておりますが、車格を少し大きく改良される事も検討されている事から、2列シートモデルで5名、3列シートモデルでは7名乗車が出来るモデルの開発も検討されていると言われております。更に、後部のバックドアは上方向に大きく開くドアが採用され、大きな開口部を実現している事から、後部座席のシートアレンジによっては、より大きな荷物を積み込む広大なスペースを確保する事が出来、荷物の積み下ろしの利便性の向上が図られております。