Uncategorized

トヨタTjクルーザーとFjクルーザーを比較!サイズ、価格の違いは?

・トヨタTjクルーザーとFjクルーザーの違い

トヨタTjクルザーとFjクルザーは似て非なるもので、Fjクルザーの後継車、という位置づけではありません。

名前が似ているので紛らわしいのですが、トヨタ側の考えとしましては「Tjクルーザー」と「Fjクルーザー」は別々の車と考えている部分が多くあります。

後に詳しく説明しますが、このTjクルーザーはトヨタが持っているSUV技術をより使いやすく、そして日常的にも使いやすくしたモデルになります。

Fjクルーザーと比較する点で言えば、Fjクルーザーは元々北米市場を対象としているのに対して、Tjクルーザーは日本市場を対象にしていることです。

海外と日本では車の使い勝手が全く違いますので、その辺りを詳しく見ていきましょう。

・トヨタTjクルーザーとFjクルーザーの価格差は?

Tjクルーザーはまだ販売されていませんが、車のサイズ(全長4475mmx全幅1840mmx全高1650mm)とSUVというカテゴリから価格を予想すると、新車価格で250~500万円の間と言われており、価格帯から見て幅広い層をターゲットとしているようにも見えます。

この価格帯から見て幅広い層をターゲットとしているようにも見え、Fjクルーザーユーザーも取り込むように考えられている価格帯と見えます。

またミニバンのカテゴリ価格とも合わせているので、ミニバンから乗り換えたい人、ミニバンよりも個性的な車に乗りたい、よりアウトドアに使いたい、車中泊をしてみたい、という方に合わせていると考えられます。

対して、Fjクルーザーはすでに生産中止になっている車ですが、中古車市場でも今でも非常に人気のある車で、特にアウトドアをする人から熱い支持があり、今でも人気のある車です。

デザイン性からしてみても、北米市場のデザインで非常にワイルドでタフな印象があるので、車をタフに、そしてアクティブな人に高い支持を受けています。

Fjクルーザーの価格は中古価格ではありますが、150~450万円と中古車としては高い価格を維持しています。

どちらも価格差があまりないと言えますが、Fjクルーザーには「根強いファンがいる」という理由で中古車でも高い人気を誇っているのです。

・トヨタTjクルーザーとFjクルーザーの居住性は?

結論から先に言いますが、TjクルーザーとFjクルーザーは居住性が全く違い、故に使い勝手が変わってきます。

Tjクルーザーは日本向けでも考えられているので、Fjクルーザーにはない標準で3列シートのグレード用意されていますので、七人乗りであったり、八人乗りが可能なので、ファミリーでも乗ることができます。

Fjクルーザーは五人乗りまでの設定なので、先ほど述べたように「車中泊」などには適しておらず、大人数での移動やファミリーでの移動はあまり向いていません。
またTjクルザーは三列目のシートを倒すことで、長物も積むことができ、多くの荷物が積めるのはSUVなら必須の機能とも言えますので、使い勝手はTjクルーザーの方が圧倒的に良いでしょう。

そしてTjクルーザーにあって、Fjクルーザーにない機能は、なんと言っても「スライド式ドア」を装備していることです。

スライドドアは日本の駐車事情から考えるに、狭い場所でも乗り降りが楽なのが一番のメリットです。

SUVというカテゴリの中でスライドドア搭載している車種はほぼなく、本格的なSUVにスライドドアというのはトヨタにとっても新しい挑戦です。

冒頭でも述べたように、トヨタはSUVに対しては高い技術を持っておりますし、ミニバンとしての技術も高いものを持っておりますので、そのいいところの二つを合わせたのがこのTjクルーザーになります。

Fjクルーザーも良さはあるのですが、Fjクルーザーは少しスパルタと言いますか、アウトドアな人には最適ですが、それでは少し限られたユーザーだけになってしまうので、その弱点克服がこのTjクルーザーになるわけです。

なので価格帯から考えてみても、Fjクルーザーより、Tjクルーザーの方が使い勝手が良いので、Fjクルーザーをより日常的にも幅広く使いたいという人にTj クルーザーはおすすめです。