Uncategorized

Tjクルーザーとデリカを比較!走行性能やエンジン性能は!?

※気軽さを重視するならTiクルーザー、本格的なアウトドアならデリカ
Tjクルーザーですが全高に関して言いますと比較対象のデリカは1875mmとなり、一方のTjクルーザーはー1620mmですので背の高さは低く、最低地上高も抑えられており乗り降りしやすい設計がされています。乗り降りのしやすさと車両の長さを比較してもTjクルーザーのほうが短いため扱いやすい車であると仮定します。ですが、本格的なアウトドアをするとなりますとデリカのほうに分がありその理由としては最低地上高が高い点、コンセプトの違いによる点です。TjクルーザーはSUV+ミニバンということで扱いやすさを重視して設計しており、店員も4人乗りからと少ないです。

※走行性能から見る性能差
デリカ、Tjクルーザー共に走行時においてドライブモードを切り替えることが可能で同じ駆動方式を採用しています。普段であれば2WD方式のFF駆動にて両者ともに総公司、悪路に遭遇、またはトラクションを得られないとコンピューターが判断すると後輪が回り4WDとして機能する方式を採用しています。なおこの方式はかなり理想的であると言え、高い安定性が必要な場面、濡れている路面や高速道路などで活躍する駆動方式を両者ともに採用しています。なお、この駆動方式の利点ですが、以前ですと後輪を普段の駆動方式として採用していたSUVがありますが問題があり、後輪駆動からオートにて4WDに切り替わる際、ハンドリングが大きく異なることでバランスを崩すという問題があり、採用していないメーカーも増えました。デリカとTjクルーザーは安全を重視した駆動方式を取り入れているということになります。

※エンジン性能としてはTjクルーザーの一方的な勝利
デリカに関してはガソリンエンジンとディーゼルエンジンがあり、ディーゼルは過給機によるエンジンのサポートがあります。ただし、パワーはデリカのほうが劣り最高出力が高いディーゼルであった場合でも170が限界の馬力です。一方、Tjクルーザーはと言うとディーゼルエンジンこそありませんが、新世代のエンジンを採用しており、171馬力をたたき出すエンジンを採用しています。

このエンジンはマックス回転数6600回転にてこのパワーとなりますので、エンジンの大きさとしては若干デリカよりも小さいがパワーは十分であるとみてよいでしょう。なおTjクルーザーはハイブリッドモデルも発売しますのでモーターによるアシスト機能を搭載したモデルの販売もあります。

ハイブリッドモデルについてはエンジンパワーは、2リッターで143馬力と控えられますがモーターで最大105馬力アシストすることを考えますとパワーは十分に備えているモデルです。

デリカと比較しますと、デリカの場合ガソリン車とディーゼルがあり、ディーゼルにおいてはディーゼル特有のもたつきをアシストするために過給機を搭載し、エンジン回転数を高めているモデルと、ディーゼルエンジンの回転数を高めず、圧縮した空気を取り込むことでパワーを得る方針の物があり、同じディーゼルで過給機を搭載している物でも最大出力に差があるとみてよいです。そして、このエンジン性能を燃費で置き換えますと、デリカは一番燃費が良いエンジン方式のディーゼルターボチャージャー方式で13リッターとなり、Tjクルーザーにおいては普通車で最大で18リッターとなりますので、燃費においてもTjクルザーは優秀であると言えます。

そして肝心なハイブリットモデルについてはリッター23キロとなっている点からエンジン性能はかなり高く、高燃費を維持することができる高効率型エンジンであると言えるのがTjクルーザーで結論としては、街中を十分走ることが可能なミニバン兼SUVと結論付けますが、車高の低さを考慮しますと山岳などの他アウトドアに使用するには難しい場面があり、店員数も少ないことから、街中を走るミニバン兼SUVであるとします。