Uncategorized

シトロエンベルランゴ新型の日本発売はいつ?価格、グレードは?

・シトロエンベルランゴ新型の気になる発売時期や価格は?予約は可能?
シトロエンベルランゴ新型モデルの発売時期は2020年の第3四半期に導入、価格は325万円、そしてWEB予約が可能となっています。
発売時期は2020年の第3四半期ですが、これは時期的に6~9月となっており、本格的な行楽シーズンの前半と言える時期です。
つまり、シトロエンベルランゴ新型モデルはこういった行楽やレジャーと言った時期に投入することで、それらの利用を目的とした消費者層を狙っています。
現に公式で公開されているイメージでは親子のファミリー層をモデルとした写真が多数使用されており、子ども用のヘルメットや自転車などを収納している様子から、日本のミニバン市場を意識したものです。
価格も、Mサイズミニバンと言われるジャンル、ノアやセレナなどを競合とする人気のジャンルに投入する形になっており、価格もそれらと同程度の300万円台という設定になっています。
ちなみにこの価格は特別仕様車の「デビューエディション」ですから、通常モデルやベースモデルは200万円台になる可能性も否定できません。
予約はすでに可能な状態でWEBサイトで予約を受け付けていますから、自宅で気軽に予約を入れることが可能です。
ディーラーに来店して予約することもできますが、WEBによるものが予約に関して最適化された環境であり、オススメの方法と言えま

・シトロエンベルランゴ新型のモデルやカラー展開は?燃費はいいの?
シトロエンベルランゴ新型モデルのモデル展開はエンジン2モデル、カラー3色展開です。
燃費は国産車に比べるとやや弱い部分がありますが、ディーゼルモデルは海外の乗用車としてはかなり燃費のいいものとなっています。
モデル展開のうち、エンジンに関しては1.2Lガソリンエンジンと1.5Lディーゼルエンジンのモデルが選択可能です。
このエンジンは更にガソリンモデルが110PS(6MT)もしくは130PS(8EAT)の馬力別の2つから選択可能で、ディーゼルモデルは75PS~130PSのいくつかの馬力別で選択可能です。
カラーはサーブル、アクアグリーン、ブランバンキーズの3色でやや少なめですが個性的な色合いのラインナップとなっています。
サーブルは、肌色に近いややホワイト寄りの茶色で、アクアグリーンは水色寄りのみどり、ブランバンキーズは白ですがシトロエンの味わいがある深い白となっています。
個性的な2色とベーシックな白系というカラー展開です。
燃費は1.5Lディーゼルターボエンジンで欧州値約23.3km/Lとこの車格にしては、優秀と言えます。
一方1.2Lガソリンターボエンジンでは欧州値約18.5km/Lとなっており、更に燃料がハイオクになりますから、こちらはやや燃費が弱い傾向です。
そのため、燃費を意識するのであればディーゼルモデルを選択するのがオススメと言えます。

・シトロエンベルランゴ新型の気になる機能を紹介!
シトロエンベルランゴ新型はミニバンに必要な機能を備えています。
スライドドアや3座独立リアシートと言った今のトレンドは十分押さえてられているのはもちろんのこと、ルーフは独自の技術を言えるモデュトップという機能的なサンルーフも搭載し、シーリングボックス、ダッシュボード周辺の細かなところに収納スペースを設けた仕様です。
特に収納に関してはあらゆる個所に用意され、場所の数にこだわったインテリアとなっています。
全体の機能としては、安全装備にもこだわっており先進運転支援機能(ADAS)やレーンキープアシスト、インテリジェントハイビーム(ハイ/ロービーム自動切り替え)、トラフィックサインインフォメーション、フロント&バックソナーなど国産の現行車種にも引けを取らない充実ぶりです。
さらにトップリアビジョン(車両後方およびあたかも空から見たような映像表示)、ドライバーアテンションアラート(車線に対するふらつき運転があったら警告を行う)と言った装備も標準で搭載するなど非常に贅沢なものと言えます。